茨城県古河市 クリーニングの太洋舎

本社工場〒306-0012 茨城県古河市旭町2-10-9

営業本部〒306-0233 茨城県古河市西牛谷93

太洋舎の溶剤管理はどうしていますか? [よくある質問_溶剤管理]

太洋舎は溶剤管理を徹底しております。

ドライクリーニングとは溶剤で洗うことをいいます。ドライクリーニングの溶剤は、通常ベースタンクという大きなタンクにあり、洗浄すると衣類の入ったドラムに溶剤が流れその回転式ドラムによって溶剤が衣類の汚れをきれいに落としてくれます。

使われた溶剤はそのままタンクに戻るのでなく、フィルターを通してタンクに戻ります。つまり循環して汚れのみを落として再利用しているのです。それは汚れた溶剤を使って衣類を洗うと、逆汚染や異臭の原因となるからです。

蒸留によるドライ溶剤再生

画像(250x171)

しかしフィルターも段々と目詰まりし汚れてきます。そこで定期的に交換するのですが、当社ではこれだけでは十分な溶剤管理ができないと考え、【蒸留】(これによりフィルターだけでは落としきれない脂肪酸もとることができるのです)といった工程をプラスしていつでも綺麗な溶剤を使用しています。

【蒸留】によっていつでも無色透明な綺麗な状態でお客様の大切な衣類を洗うことができます。

【溶剤】の状態については、【nobu日記】で定期的にご紹介しておりますのでぜひ、こちらもご覧ください。


太洋舎では全てのドライ機に蒸留装置を設置

画像(300x200)・拡大画像(480x320)

この機械でドライ溶剤をいつもでも綺麗な状態に保ちます。

蒸留とは、ベースタンクの溶剤をフィルターで綺麗にした後、さらに熱で気化させ、冷却することにより、綺麗なドライ溶剤を再生することを言います。当社では全てのドライ機にこの蒸留装置を設置し、お客様の大切な衣類をいつでも「きれいな状態」で洗っているのでご安心ください。

画像(225x300)・拡大画像(240x320)

太洋舎の溶剤は常に透明です。


ページのトップへ ページのトップへ

スタッフ急募
お得な情報
じゅうたんのクリーニング
ぬいぐるみ
バッグのリメイク
皮革・毛皮のクリーニング
衣類の修理
シルエットメイク
RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog

取扱サービス:一般クリーニング/和服・着物クリーニング/皮・毛皮のクリーニング/バッグのリメイク/ぬいぐるみのクリーニング/染み抜き/洋服のリフォーム/靴みがき/
/靴ブーツのクリーニングと修理/じゅうたんのクリーニング/